日本看護教育学学会 25周年記念大会 
 

看護職者の可能性を拓く研究の継続

 開催日時 平成27年8月29日(土)10時から16時40分
 場所 前橋市民文化会館群馬県前橋市南町3丁目62番地1号) 
 学術集会会長 松田 安弘(群馬県立県民健康科学大学)  
   
プログラム 
10:10-11:00 基調講演   看護教育学に導かれたキャリア・ディベロップメント
 講演者   宮芝 智子 (神奈川県立保健福祉大学) 
   座 長  野本百合子 (愛媛県立医療技術大学) 
   
11:15-12:15 演題発表及び研究批評(午前の部)
演題 1 看護学実習中の学生が直面する問題の解明
 発表者   山下 暢子 (群馬県立県民健康科学大学)
演題 2   病院に就業するスタッフ看護師が知覚する「働きやすさ」を決定づける基準
 発表者   鹿島嘉佐音 (千葉大学大学院看護学研究科博士後期課程)
13:30-14:30 演題発表及び研究批評(午後の部)
【第1会場】 演題 3 病院に勤務する看護師の倫理的行動
 発表者   永野 光子 (順天堂大学)
演題 4   身体侵襲を伴う診療場面の医師と看護師間相互行為パターンの解明
       -患者への効果的な支援を目指して-
 発表者   相楽 有美 (北里大学)
【第2会場】 演題 5 「学習ニードアセスメントツール-看護部長用-」の開発
       -信頼性・妥当性の検証-
 発表者 岩波 浩美 (群馬県立県民健康科学大学)
演題 6 夜勤を行う新人看護師に対する先輩看護師の支援の解明
 発表者 鈴木 真紀 (国立精神・神経医療研究センター病院)
 
 14:45-16:35 シンポジウム 研究の継続―その意義と課題―
 司 会 亀岡 智美 (国立看護大学校)
シンポジスト 園山真由美 (国立国際医療研究センター病院)
森山 美香 (国立看護大学校) 
山澄 直美 (長崎県立大学)
山下 暢子 (群馬県立県民健康科学大学)
  
 
参加費  学術集会 7000円 懇親会 5000円 
お申し込み方法 参加申し込みおよび参加費振込みは、7月31日(金)までにお願いします。
  定員になり次第締め切らせていただきます。 
  当日の混乱を避けるため、できる限り事前にお申し込みください。なお、当日ご参加いただく場合には、学術集会参加費は8000円となります。 
  申し込み方法の詳細は、こちらをご覧ください。 
お申し込み先 事前参加申し込み 
お問い合わせ先  こちらからお問い合わせください。
  〒371-0052
群馬県前橋市上沖町323-1群馬県立県民健康科学大学
日本看護教育学学会25周年記念大会事務局
TEL①080-4198-8815 ②090-6025-0352
E-mail jasne_25@yahoo.co.jp