第28回学術集会 シンポジウム 〈概要〉
シンポジウム 看護職者の教育役割遂行を支える研究成果の活用
司    会    松田 安弘(群馬県立県民健康科学大学)
シンポジスト   亀岡 智美(国立看護大学校)
          渡辺健太郎(千葉大学大学院看護学研究科博士後期課程)
          金子 友香(群馬県立小児医療センター)
          川島 理恵(福島県立医科大学)
 私たち看護職者は、質の高い看護実践の実現を目ざし、日々努力を重ねています。「今よりももっといい看護
を提供したい」と願い、あるときは、専門書を紐解き、あるときは先輩看護師に相談するなど、必要な学習を継
続し、これまでの経験や学習した内容を根拠にしながら看護を実践しています。しかし、それでは十分な効果が
得られないこともあります。質の高い看護を提供するためには、科学的根拠、すなわち、研究成果に基づく実践
が有用です。実践への研究成果の活用は、個々人が提供する看護の質向上のみならず、協働して看護を実践する
後輩看護師や看護師を目ざす学生の発達への支援に向けても有用であり、教育役割遂行の科学的根拠となるもの
です。
 本シンポジウムでは、シンポジスト4名の発表に加え、本学術集会に参加してくださった皆様とのディス
カッションを通して、看護職者が教育役割を果たすために研究成果を活用することにどのような意味があるの
か、研究成果として集積された知識をどのように活用していけばよいのかを考える機会になればと願っています。